広島県立東城高等学校 沿革

image1.jpg

image.jpg

大正 8年 5月 3日  東城町立実科高等女学校として開校

大正 9年 6月 1日  広島県東城高等女学院と改称

大正12年 5月 1日  寄宿舎(有栖寮)完成

大正15年 4月 1日  広島県立東城高等女学校となる

昭和 2年11月20日  現在地に新校舎完成

昭和13年 5月 3日  雨天体操場を講堂に増改築・創立20周年記念式典挙行

昭和21年 3月 3日  学制改革により5年制となる

昭和22年 4月 1日  学制改革により併設中学校を設置

昭和23年 5月 3日  定時制課程中心校設置

昭和23年 5月10日  広島県東城高等学校開校

昭和23年 9月 1日  定時制課程八幡分校並びに小奴可分校設置

昭和24年 3月31日  広島県東城高等女学校並びに併設中学校廃止

昭和24年 4月30日  再編成により総合制・学区制・共学制の広島県東城高等学校設立

昭和24年 5月10日  校章を制定

昭和25年 2月19日  校舎増築(8教室)工事完成

昭和28年 4月10日  小奴可分校校舎新築工事完成

昭和28年 9月15日  校舎増築(図書館,4教室)・運動場拡張工事完成

昭和31年 1月24日  家庭科校舎新築工事完成

昭和31年 4月 1日  八幡,小奴可分校を統合し,小奴可分校を設置

昭和34年 4月 7日  講堂兼屋体の改築工事完成

昭和38年 6月 1日  運動場拡張工事完成

昭和39年 1月25日  理科校舎等新築工事完成

昭和39年12月21日  寄宿舎新築工事完成

昭和41年 1月 6日  寄宿舎増築工事完成

昭和41年11月10日  屋体兼講堂新築工事完成

昭和43年 2月15日  本館新築工事完成

昭和43年10月 1日  広島県立東城高等学校と名称変更

昭和44年11月 2日  創立50周年記念式典挙行

昭和45年 3月31日  本館増築工事完成

昭和48年 3月31日  小奴可分校閉校

昭和49年 7月 9日  プール新設工事完成

昭和49年 7月31日  特別校舎新築工事完成

昭和51年 5月31日  普通教室増築工事完成

昭和52年 3月 5日  定時制課程夜間部閉校

昭和53年10月 5日  家庭科校舎改築工事完成

昭和54年 5月31日  体育館新築工事完成

昭和54年11月 3日  創立60周年記念式典挙行

昭和59年 9月23日  創立65周年記念式典挙行

昭和59年11月21日  「東城高校の将来を考える委員会」設置

昭和61年12月18日  家政科を募集停止し,普通科3学級に正式決定

昭和62年 4月 1日  入学者より普通科3学級(文型,理型,情報型選択型を導入)

昭和63年 9月30日  情報処理教室完成(コンピュータ25台導入)

平成 元年 3月31日  家政科閉科

平成 元年10月 7日  創立70周年記念式典挙行

平成 3年 6月 1日  情報処理教室コンピュータ45台になる

平成 4年 1月 1日  情報処理教室コンピュータをネットワーク化

平成 4年 3月21日  クラブハウス新築工事完成

平成 5年 3月31日  体育館舞台照明設備等完成

平成 6年10月19日  創立75周年記念式典挙行

平成 9年 3月18日  屋外便所新築工事完成

平成 9年 4月17日  「教育改革委員会」設置

平成11年 6月11日  創立80周年記念式典挙行

平成15年 7月12日  校訓「自律・創造・敬愛」を制定

平成16年 5月14日  創立85周年記念式典挙行

平成21年11月15日  創立90周年記念式典挙行

平成23年 4月 1日  ステップアップハイスクール支援事業

             三校連携事業開始

平成24年 4月27日  北館耐震工事

平成24年12月12日  東城応援隊国際ロータリークラブよりインターアクトクラブ認定

平成25年 1月30日  台湾新北市立三民高級中学と姉妹校提携調印

平成25年 6月 4日  アメリカロサンジェルス レイシス高校と姉妹校提携調印

平成25年10月28日  寄宿舎閉舎

平成26年 1月31日  屋内運動場耐震工事完了

平成26年11月16日  創立95周年記念式典挙行

平成27年 4月 1日  制服を変更